くきとサーカスと象さんと。。。

結果から言うと、くきには『サーカス』ちと早過ぎたのかも。。。

正確に記録のためにここに記そう。

2月の最後の28日土曜日の3時。
会場のスタジアムの前で、動物愛護のデモが行われていて(おぉぉ〜、アメリカだな〜)と思った。
2時半に着いたが、親子連れの列でごった返していた入り口。
でも、約6列の入場口があり、セキュリテイーもスムーズで、ほとんど待つ事なく入場。

ベビーカーを預けなさいとの事で、その場へ行きクキを降ろして控えをもらう。
あちこちに子供を誘惑するお店が出ていた。
くき〜、吊られるよね〜♪
象や猿のふわふわのぬいぐるみや、クルクル光るおもちゃなど(うぅぅ〜うぅぅ〜)と手を伸ばすが結局買ってはもらえず(私に)、お席にクキを抱えて移動。
$41の席にしては舞台が真ん前で、高さもほとんど平行のとても良い席で驚いた。

列の丁度端で、柵がしてありその下は、演者の出入り口になっていた。

一旦荷物(自分の鞄&くきのリュック&2人分のコート等)を足下&座席の背もたれにそれぞれ配置し、クキを膝に抱きかかえ舞台&客席をグルリと見渡す。

舞台上では、早めに入っていた子供達が演者の数人と空気で膨らむ滑り台で遊んでいた。
客席はまだまだ空席がちらほらあるようだった。

クキはもうこの時点でじっとしている訳も無く、隣の子供2人の親子連れのお兄ちゃんの方にチョッカイを出し始め、彼が持っていた、ボタンを押すとクルクル廻って音と光を出すおもちゃを取り上げようと必死になっていた。
ので、持参したココナッツウォーターのボトルを手渡し、ひとまず休憩してもらう事とした。
その間に、売り子がクルクルと会場を回り始めたので、隣の彼が持っている同じおもちゃをクキにも買い与えた。(これは、私がそうしたいと思っての事。ポールがいたら決してうんとは言わなかってであろう買い物。)

クキ、クルクル廻るおもちゃにビビりつつも、満面の笑顔で対応してくれたので良し♪
(その後、そのおもちゃは歯でくちゃくちゃされるものと化す。)

で、しばらくして大音量とともに会場が薄暗くなり、ショーのスタート。

クキ。。。テンで興味無し。。。
私の膝の上で伸び限り、前の客席を全力で蹴る。大声を発する。。(が、会場の音楽がかき消してくれてセーフ。)
何度も座りなおさせて、ようやく象が出て来てくれて、目の前を通過する時のみガン見!!
d0181461_2502494.jpg

d0181461_2511455.jpg

d0181461_344684.jpg

その他は、心ここにあらずの好き勝手な動きを継続。。
d0181461_2521859.jpg

d0181461_2525934.jpg

d0181461_2532993.jpg

d0181461_254010.jpg

d0181461_2543522.jpg

d0181461_255593.jpg

30分程でインターミッション(休憩)となった。

トイレに行きたかったが、荷物もあるし、人も多いしでその場で待機。諦めて帰宅も頭をよぎったが、これも経験と、後半も見て行く事にした。
グルリと再度見渡した会場はほぼ満席だった。

で、後半戦は、持参したお菓子作戦で乗り切ろうと考えた。
ポリポリと小さなエビセンをかじりながら、比較的おとなしく座っていられたくき。

で、ここで、目の前で転回されるおっちゃんの曲芸ショーに食いつき気味で見入るクキ。
やっぱり近いところで行われるものには興味を示すようである。
d0181461_256405.jpg

d0181461_312548.jpg

が、やはりその後は、私のお膝の上での我慢ももう限界で、狭い座席の前に立たせたら、前の席のお母さんの髪の毛を引っ張ったり(優しくなでる感じですがね)、腰をフリフリ踊ったり、ハラハラさせられながらも、笑わせてもいただいて、何とも緊張の続くサーカスだった。
d0181461_325524.jpg

d0181461_341417.jpg

終演後、何度も廻りに『ごめんなさい』と頭を下げ、でも、皆人の親。優しく『大丈夫よ。良く分かってるから。。。』と言ってもらえて感謝した。
d0181461_353394.jpg

帰りは、クキにコートを着せて、ベビーカーを受取り乗せて、入場した入り口とは違う出口からさようなら。
たら、いつものお家近くまで乗って行けるバス停を発見し、バスで帰る事とする。
ベビーカーを畳み、自分のバックを肩にかけ、クキのリュックを背負い、クキを抱き上げ、ベビーカーを片腕に引っ掻け、バスに乗車。

約20分程揺られ、下車する時にはクキ。。。Zzzzzzzz~♪
おじちゃんにベビーカーをとってもらい、次のバスに乗り継いでの帰宅。

サーカスの話を(あぁだったね〜、こぉだったね〜。)とクキに話しつつお風呂に入れて、購入したおもちゃで遊んで、ご飯食べさせたらバッタンキューでお休みなさいのクキ。

サーカスの事。。。覚えているのかな?

そして私的には、本当に集中も何もあったものではなかったが、泥臭くてバラバラな個性の集まりの独得なショーを久しぶりに見れて、こう言うの好きだ〜と思った。改めて感じた。

そして象は大きいのであると再確認した。ははっ。

ついでに、私の両腕は見事に筋肉痛なのである。。。
今度はポールお父さん一緒に行けると良いね、くきっ♪♪
[PR]

by coyoteno1 | 2015-03-02 13:08