38、3度の発熱!

最近本当、泣いてばっかりの私、、。いかんっ、更年期障害が始まっているのか?

と言うのも、くき水曜日に『発熱』、38、3度。いつもはエネルギーに満ちて部屋中を走り回り、物という物をなぎ倒してヒッヒッヒッと笑ってる彼が、熱いからだと赤い顔を私のベットに埋めてションボリしてる、、、。
パニクったのは想像できるであろうか?

早朝5時前に仕事で家を出たポール氏にとにかく電話して事情を報告。
が、やはりお国柄、文化や風習がチト違うので、『熱いお風呂に入れろ』だとか、更にパニクった。
『下の薬局の薬剤師さんに相談しろ!!』と言われたが、クキを残してお店に出向く事も出来ず、昔病院でいただいた、熱冷ましの薬を少し飲ませて、冷えてないココナッツウォーターを飲ませてとにかく暖かくさせて眠らせた。

そしたらベビーシッターのサムさんから電話。
『ポールに聞いたわ、くきの熱。冷たいお風呂に入れてすぐに寝かせるのがいいのよ。』って、、、。
ガーンっ。また私の頭がエラい事になった、、、。(が、これは聞くだけ聞いて、サラリと流した。)

くきがフラフラと起きだしたので、食べられるかどうか分からないが、出汁で作ったお粥を食べさせてみたら、モグモグといつもの量の半分を平らげてくれて、少しホッとした。
で、また水分を補給しつつ眠りについた。(顔が真っ赤で辛そうだった。)

午後2時過ぎ、ポール氏が帰って来た。急遽、仕事を切り上げての帰宅。私も午後から仕事なので、サムさんにも今日はお断りの電話を入れてのスケジュール変更。
くきのために、チキンの入ったスープを作り(こちらでは、風邪や体調を崩すとチキンスープが定番の食事となる。)、起きたクキを熱いお風呂に入れ、たくさん着込ませて(帽子までかぶせて)、なぜだか2人でジャレていた。

少しホッとしながらも私はお仕事へ、、、、。

まだまだ、未体験で学ぶべき事の多い事。
仕事場では、お客さんに『子供が熱を出したときは、少しの熱でも病院へ連れて行きなさい。後々、耳に障害が出たりするかもしれないから、、。』とアドバイスを受けたりした。
今後また熱が出るようなら、即病院行きが確定!!

注意しながら生活しよう。

そんな事があっての2日目の昨日。
くきもケロリと元気で、2日前のあのシオらしさはどこへやら?加湿器蹴り倒して、中の水を床にぶちまけて、私の怒られて泣くの巻き〜♪があったりね。(まっ、元気になったと言う証拠かしら?)

で、で、待ちに待った、父母姉からの荷物が届いた。
ドアベルが鳴って、あんなに猛スピードで階段を駆け降りた事は今までに無かったかもしれない。郵便屋さんのイケメン君も半笑いしてたな〜っ。
くきちゃんに、かわいいお洋服&象のリュック、いただきました。
これからは、くきには自分の物は自分で持ち運んでもらおうと思います。オムツとかご飯とかねっ♪
d0181461_22355655.jpg

こうした愛のある荷物は、やっぱりすごくうれしいっ。母からのくきに向けたお手紙がまた母らしくて笑ってしまった。そして、何度もくきに読んで聞かせた。(が、くきは別の事に夢中だった。)

そして、約束の1時間遅れでサムさんにバトンタッチで私は仕事へ。
富みに寒い最近のNY。
今日は2日前とは違うありがたい&少々ホームシックの感情での涙でサブウェイに乗り込む。
守る者が出来て、しっかりしろ!!と自分に喝を入れながら、それでもまだまだ愛されてると安心出来る気持を持ちながら、ユラリユラリと気持を切り替えた。
父母姉よ、本当にありがとうっ!!
P/S:お願いした(耳かき)、、。6本も?ははっ。ありがとね。お気に入りは後日発表で。
[PR]

by coyoteno1 | 2014-11-21 08:44