Bafana Bafana

by coyoteno1

<   2014年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

昨日は、くきと私のプールの日だったのだが、、、。
私の体調が優れず、それでも準備はしていたのだが、くきもゴロゴロとベットで遊んでいて、気づいたら2人とも昼の11時から2時まで寝落ちていた。

『完璧』にスケジュールをこなす事よりも、本日はこれでよかったと、2人で目覚めたときのお互いの(あらっ?)という笑顔と、体が楽になっている事で納得した。

本当、体がガチンコチンで、肩は上がらないし(絶対に40肩では無い!!)、股関節が痛く、膝も痛い。こんな事今まで無かったので少々めげる。で、そこでのプラス睡眠で体が楽になるのだから、これは完全に睡眠不足なのだろうと、、というか、それも1つの原因なのだと思った。
考えると、くきが産まれてから熟睡してないものね。
ははっ。
反対に、いつから熟睡できるようになるんだろ?と考えると、楽しみが増えるというもんだ!!

色々考える事を止めた。
とりあえず、1日1日を一生懸命生きる事にした。
本当に必要な物、大切な物はまずは自分が進んで行動してるし、そう行かない場合は向こうからアプローチして来るはず。
毎日毎日、ごちゃごちゃ考えていても思考が疲れてストレスになる。
そう落ちたら、食欲が止まった。(気づいたら、3キロも太っていた!!)

さて、そろそろ本気でワークアウト開始。汗かくぞ〜、体中からいらない物出すぞ〜!!
d0181461_2264142.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-24 08:08 | Comments(0)

38、3度の発熱!

最近本当、泣いてばっかりの私、、。いかんっ、更年期障害が始まっているのか?

と言うのも、くき水曜日に『発熱』、38、3度。いつもはエネルギーに満ちて部屋中を走り回り、物という物をなぎ倒してヒッヒッヒッと笑ってる彼が、熱いからだと赤い顔を私のベットに埋めてションボリしてる、、、。
パニクったのは想像できるであろうか?

早朝5時前に仕事で家を出たポール氏にとにかく電話して事情を報告。
が、やはりお国柄、文化や風習がチト違うので、『熱いお風呂に入れろ』だとか、更にパニクった。
『下の薬局の薬剤師さんに相談しろ!!』と言われたが、クキを残してお店に出向く事も出来ず、昔病院でいただいた、熱冷ましの薬を少し飲ませて、冷えてないココナッツウォーターを飲ませてとにかく暖かくさせて眠らせた。

そしたらベビーシッターのサムさんから電話。
『ポールに聞いたわ、くきの熱。冷たいお風呂に入れてすぐに寝かせるのがいいのよ。』って、、、。
ガーンっ。また私の頭がエラい事になった、、、。(が、これは聞くだけ聞いて、サラリと流した。)

くきがフラフラと起きだしたので、食べられるかどうか分からないが、出汁で作ったお粥を食べさせてみたら、モグモグといつもの量の半分を平らげてくれて、少しホッとした。
で、また水分を補給しつつ眠りについた。(顔が真っ赤で辛そうだった。)

午後2時過ぎ、ポール氏が帰って来た。急遽、仕事を切り上げての帰宅。私も午後から仕事なので、サムさんにも今日はお断りの電話を入れてのスケジュール変更。
くきのために、チキンの入ったスープを作り(こちらでは、風邪や体調を崩すとチキンスープが定番の食事となる。)、起きたクキを熱いお風呂に入れ、たくさん着込ませて(帽子までかぶせて)、なぜだか2人でジャレていた。

少しホッとしながらも私はお仕事へ、、、、。

まだまだ、未体験で学ぶべき事の多い事。
仕事場では、お客さんに『子供が熱を出したときは、少しの熱でも病院へ連れて行きなさい。後々、耳に障害が出たりするかもしれないから、、。』とアドバイスを受けたりした。
今後また熱が出るようなら、即病院行きが確定!!

注意しながら生活しよう。

そんな事があっての2日目の昨日。
くきもケロリと元気で、2日前のあのシオらしさはどこへやら?加湿器蹴り倒して、中の水を床にぶちまけて、私の怒られて泣くの巻き〜♪があったりね。(まっ、元気になったと言う証拠かしら?)

で、で、待ちに待った、父母姉からの荷物が届いた。
ドアベルが鳴って、あんなに猛スピードで階段を駆け降りた事は今までに無かったかもしれない。郵便屋さんのイケメン君も半笑いしてたな〜っ。
くきちゃんに、かわいいお洋服&象のリュック、いただきました。
これからは、くきには自分の物は自分で持ち運んでもらおうと思います。オムツとかご飯とかねっ♪
d0181461_22355655.jpg

こうした愛のある荷物は、やっぱりすごくうれしいっ。母からのくきに向けたお手紙がまた母らしくて笑ってしまった。そして、何度もくきに読んで聞かせた。(が、くきは別の事に夢中だった。)

そして、約束の1時間遅れでサムさんにバトンタッチで私は仕事へ。
富みに寒い最近のNY。
今日は2日前とは違うありがたい&少々ホームシックの感情での涙でサブウェイに乗り込む。
守る者が出来て、しっかりしろ!!と自分に喝を入れながら、それでもまだまだ愛されてると安心出来る気持を持ちながら、ユラリユラリと気持を切り替えた。
父母姉よ、本当にありがとうっ!!
P/S:お願いした(耳かき)、、。6本も?ははっ。ありがとね。お気に入りは後日発表で。
[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-21 08:44 | Comments(0)

寒い月曜日の午後。

月曜日、雨。そして寒い。
くきちゃん朝5時に起きて、キャッキャと騒ぎ、ポール氏が仕事に出発した5時半に温めた牛乳を200ml飲んでコテンとまた寝落ちた。

そして、7時半起床。
朝ご飯を食べてそこから活動開始。本を引っ張り出しては持って来て、読めとせがむ。が、読んでいる途中からページをめくられて、私がついて行けない。それでも満足しているのでくきのペースに合わせての、メチャクチャ読み聞かせ会。
お昼前に、お風呂に入れて昼食。遊んで食べない。ので、バナナを半分与えて、昼食は切り上げた。

そこからまた、読み聞かせ会。途中、ベットへの上り下りも強要される。
で、また寝落ちた、ただ今午後4時半。
途中、怖い夢でも見たのか『ヒャンヒャン』と寝ぼけて泣いて、両手を広げて抱っこをせがまれた。で、抱え上げたら、頭を私の右肩にひょっこり乗せて、右手の親指をしゃぶりながらまたも寝落ちた。

必要とされる喜びと必要とする者がいると言う喜び。
くきが愛おしくて、ベットに再び寝かせて、少しの間寝顔を眺めていたら、泣けて来た。
やはり、かわいくてかわいくてたまらない。(不思議な感覚である)

まだまだ降り続く雨、そしてくどいようだが、寒い月曜日の午後の出来事。
d0181461_6355136.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-17 04:39 | Comments(0)

妖怪ポスト大学合格!!


及保大学合格、おめでとぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜!!
素晴らしい。

志信さん、これで今年の宝くじ。。。あきらめてね。
『運』を使い過ぎましたからね。
[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-13 10:57 | Comments(0)

ポール氏のくき。

d0181461_012720.jpg

d0181461_015750.jpg

d0181461_04636.jpg

d0181461_025011.jpg

d0181461_033187.jpg

d0181461_051123.jpg

d0181461_054472.jpg

d0181461_062531.jpg

d0181461_065746.jpg

2ヶ月ぶりにデイオフっ(休日)、ポール氏。って言っても、朝5時にはお家を出て、レストランにチェック入れに行ったんですけどね。
でも、それでも、(家族3人で動物園)。
動物よりも、階段に興味があったり、ただただ歩きたい、走りたい要求が強いくきに終始振り回されっ放しなポール氏でしたが、嬉しそうでした。
それが嬉しかった。
久々にレストランでランチ。くきも珍しくおとなしく、持参したおにぎり&卵焼き(椎茸&ヒジキ入り)、オートミールをパクパクと。そして、オーダーしたプレートについて来た枝豆を、からから出して目の前に並べたら、数個空に舞いながらも上手に自分で食べていた。
あ〜、体はダルダルだったけど、有意義な1日となった。
d0181461_0133663.jpg

d0181461_014285.jpg

P/S:私、母豊子さんそっくりで、びっくりした。
[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-13 10:18 | Comments(0)

カタストロフ。

ルネ・トムの「カタストロフとは何か」という著書にこんな挿話がある。母親が勉強をしようとしない子供にいらだちながら「勉強しなさい!」と小言を言う。小言ばかりを聞く子供はとても勉強の意欲など湧いては来ない。そして、益々成績が悪くなる。「勉強しなさい!」という小言を繰り返し、悪くなる成績に憤まんやる方ない母親はついに怒り心頭に達して「もう勝手にしなさい!私はもうあなたのことは知らないからね!」と本当に怒り、投げ出してしまう。
そこまできて、子供は事の重大さにはじめて気付く。母親から見捨てられてはこれは問題だ。そこで、ちょっとだけ勉強してみると成績が少しだけ良くなる、それに気を良くしてもう少し勉強して、そして、どんどん成績が上がっていく。
この母親の怒りをカタストロフの瞬間だとルネ・トムはいう。
破壊的な瞬間にこそ、生命的な瞬間がある。創造活動にもそのような瞬間がたびたび訪れる。追い込んで追い込んでアイディアが生まれるとは限らない。あきらめて思考を停止したり、他のプロジェクトに気持ちを切り替えたその瞬間に忽然と解決の方向が見えたりすることが多い。
死の直前に恍惚とした生を見るという。死の瞬間は生命の燃え上がる瞬間でもあるのだ。性は生命を生み出すと同時に死をイメージする瞬間でもある。性的興奮は決して新しい生命のイメージとは馴染めない加虐的な、或いは自虐的なイメージを持っている。破壊や死は生命や創造のすぐ隣にある。
カタストロフとは破綻、或いは大団円と辞書にある。破綻という悲劇的な状況を示す意味と共に大団円と破綻的状況を越えて、到達するハッピーエンドというドラマを意味しているというのだ。破綻の意味にハッピーな結末を辞書が記していることは重要である。
カタストロフは数学をはじめ、様々なジャンルで用いられてきているようであるが、ここでは芸術や美学の問題として取り上げてみたい。
文化とは記憶の積層であるというが、デザインや美術は自己の内部に集積された記憶はもとより、人類の遺伝子レベルの記憶をも含む記憶の集積を刺激して人々との間に共感や反感を導き出す作業である。
優れた芸術作品は、絵画も文学も映像もデザインもすべてこの記憶の刺激の構成であり、鑑賞とは、その観客や読者や使用者など、それを受け止める人々と作者の記憶とが反応して、違和感や反感を生じさせ、それが感動につながることである。作者と鑑賞者の間にこのような相互的な伝達回路が生まれるのである。
芸術におけるカタストロフとはこの作者と鑑賞者の記憶の衝突や裏切りが起こす破壊的な事件のことである。鑑賞者の記憶との矛盾や記憶への裏切りや記憶に対する揶揄や欺瞞がきっかけで、芸術は破壊的な役割を果たし、その事が日常化した意識を刺激するのである。芸術活動とは人々が正当と思い込んでいる記憶の集積にずれや割れ目を生じさせて生命的な感動の瞬間をつくりあげようとすることなのである。
芸術作品にみる美や感動は単なる心地いい美ではない。鑑賞者の期待を裏切って、破綻を生じさせることである。芸術とは告白であり、告白の動機は他者への問い掛けにあると思う。内なるものを他者の前にさらけ出して、他者へ問い掛けるその会話こそ、芸術の醍醐味であろう。
底知れぬ寂しさの中にいる人という存在の間に交わされる対話の回路は和気あいあいとしたものである筈がない。
                                        
[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-13 09:56 | Comments(0)
いや〜、昨日は大変だった。
ベビーシッターのサムさんの午前中の仕事が長引いて、クキをマンハッタンはまるみレストラン近くのワシントンスクエアーパークでの引き渡し3時半過ぎの予約。
2時半くらいに出向いて、クキを遊ばせた。
が、少しお眠だったのか、パタパタと歩き回っちゃ〜、転げて、泣くを繰り返し、コンクリートの上でハイハイしだしてたまげたっ!!
d0181461_23392789.jpg


温かな日とはいえ、風も強くなって来たし、がっちりとした上着も着せていなかったので、オーナーの許可を取り、まるみレストランで待機。
たかしさん、まもるさんに相手にしてもらって、怖いけど興味があると言う雰囲気を見せつつ、やはり店の中を歩き回っていた。
そこで、1段(約10センチ程)を登って降りてが1人で出来る様になった。ちゃんと、降りる時、片手で壁を支えとして、片足をゆっくり(降ろそうかな〜?どうしようかな〜?)と考えながら。
プチ感動っ!!

が、が、待てども待てどもサムさんやってこず。
で、連絡を入れる。すると、まだ仕事先にいた。『5時までにはレストランに!!』とお願いして、シェフ達がお昼寝に入るのを邪魔しない様にっていっても、100%無理な事で、皆の方が気を使ってくれて、奥のガーデンで休んでくれた。
まもるさんがくきにお稲荷さんをくれた。そして私にはカレーライスを振る舞ってくれた。9歳になる男の子の父親であるまもるさんならではのお話も聞けて、よい時間が流れた。

5時が過ぎた。
くきちゃんが見守る中、仕事を始めた。なんか嬉しいようで、切なかった。
くきがキョロキョロと見守る中、、。

で、5時を15分くらい過ぎてサムさん到着。
ちゃんとしたさよならも出来ないまま、くきちゃん行っちゃった。。。(涙)
非常に心が空っぽになった感じで、こんな感じで仕事を始めるのはキツいな〜と感じた。

仕事中、ポール氏より写真が送られて来た。
d0181461_23364978.jpg

d0181461_2337836.jpg

d0181461_23372725.jpg

d0181461_2337462.jpg

バスルームでお茶会。
心がほどけた。ありがとうっ。

パタパタと忙しい1日だった。
[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-13 09:41 | Comments(0)

くき16ヶ月の成長。

くきちゃん今日でまるっと16ヶ月。
早いな〜、早いな〜。
ザザッと成長記録を。

*ずっしりと完全に重くなった。
*15ヶ月の入りたての頃に、パンパースのサイズが3から4になった。
*物の手渡がちゃんと出来る様になった。
*階段を1人で登る事が出来る様になった。
*意思表示がハッキリして来た。
*こちらへ来いっと、手を差し伸べられるよになった。
*キッチンの上のものが手で取れるくらい背が伸びた。
*私のベットから床へ1人で時々降りられる様になった。
*良く食べる様になった。
*そして、少しだけ『好き、嫌い』を意思表示するようになった。
*落ち葉など、拾って1カ所に集める事が出来る様になった。
*ま〜、良く歩き、走り、転び、笑う。
*アーモンドミルクも飲む様になった。
*本がやっぱり好きで、でも、めくる、引っ張る、破くが主流。
*本に従って、動物の鳴き声を模写すると、ケラケラと喜ぶようになった。
*が、何度も飽きずに求められるようになった。
*人の肌(特に私の顔)を、非常に強い力でつねれる様になった。(おかげで傷だらけ!!)
*YouTubeの子供番組『Sid the science kids』が大好きで、特に歌うシーンで声を出して喜ぶ様になった。
*テレビで『機関車トーマス』が始まると(あぁ〜!!)と声を上げて走って見に行く様になった。
*やっぱりおさるのサスケが1番の子分で、眠るときは必ず片手に握って眠る。
*水泳を再び習い始めた。
*やっぱり鳩が好き!!

と、ざっとこんなものか?
とにかく本当に活動的。
お家は狭いので、とにかく天気が良ければ公園へ。動きに動いたその日はやっぱり眠りも早く助かったりする。が、起床も早い。早朝5時前!!勘弁して欲しいっ。
髪が伸びるのも早く、2日前に、またも私がお風呂中にカット。昔父が、私達兄弟3人に施した様なオンザなくきちゃんに変身!!きゃわいいっ。(←これ、私だけの意見)

とにかく、くきがいての毎日。くきが1番。そこが軸で私達の生活があると、そういう事。
そして、それは以外と大変なようで、幸せな事!!ふふっ??
d0181461_042689.jpg

d0181461_235829100.jpg

d0181461_23591148.jpg

d0181461_23594752.jpg

d0181461_002597.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-12 10:05 | Comments(0)

水泳始めました♪

実は先週からこちらの大手のスポーツクラブにて親と子の水泳教室が始まっていたのは調べて承知していた。
が、スケジュールに則っての初日は、今年最高の寒さと言う天気予報に、車の無い私ごときがくきを連れて通う間に、風邪でも引かせたらいかん!!と言う考えの元、今回は断念していた。

が、私の考えなんてコロリと変わるものである。
オンラインで2回目となるクラスの前日に、やっぱクラス取る手続きしようと、試行錯誤した結果、中々上手く繋がらずでの、(よぉぉ〜し、当日一か八かで行って手続きしてしまえ〜)のほんとO型的発想行動での昨日。

クラスが始まる45分程前にバスで到着。(これも実験的行動*近所のサンセットパーク公園を降りたところのバス停から、スポーツクラブまで約35分の旅)
まずは銀行に寄り、入会金分のお金を入金し、いざ。

受付には黒人の若いそして大きいお姉さん。
クラス入会の希望を伝え、そして一か八かで、先週1クラス終っているのでデイスカウントが可能かどうかの希望も伝える。
お姉さん、ウインクして『ちょっと待ってて。ボスに聞いて来るから。』と席を外す。
で、『いえ〜いっ。デイスカウント成功よ!』と自分の手のひらを上に上げて、私の手のひらを促してハイファイブをしてきた。ラッキ〜⭐
こう言う事は、差別ウンヌン抜きに黒人さんはとても頼りになる。

そして、いざ水泳教室!!
久々のプールサイドでくきもおとなしく、前のクラスが終るのを私の膝の上で待っていた。途中お漏らししましたけど、私も気づかぬ振りをして、での、時間でプールへ。

水が冷たくて、初め『ヒャン、ヒャン』と弱虫声と顔を見せましたが、何が何が、すぐに笑顔が戻りまして。特に、かわいい女の子とペアーでボールの受け渡しをする時には、ニタ〜と父親似の顔をも見せてくれました。
30分のクラスはあっという間。実は私が思い切り楽しんだ。
必要以上に水面下で動いた。
やっぱ水はいい。プールはいい。おもいっきり泳ぎたいと思った。

更衣室で動き回るくきをバナナを餌に押さえつけて着替えさせ、風邪を引かせてはなるものかと、入念に髪を拭き、着込みに着込ませてストリートフェアーが開催されてる通りをフラフラし、ひらめきでポール氏のレストランへ。
オープンしてから初のストップバイ。
d0181461_0424460.jpg

最寄りの駅を降りた時には、くき寝落ちましてね。
お店に向かう道すがら、これも黒人のお兄さんに『ぼくもこの子の様に眠りたいよ〜、ははは〜。』と声をかけられながらの2時過ぎ。
d0181461_04442.jpg

d0181461_044339.jpg

繁盛しておりました。
素直に嬉しいな〜と思いました。
d0181461_0454352.jpg

d0181461_0461097.jpg

フロントのお席は満席だったので、ガーデンに席を取り、ハンバーガーとカプチーノをごちそうになりました。
くきもお眠りあそばしておりましたので、久々にゆっくりまったり食事が出来まして、最高でした。
違う環境で、それもお外の空気を吸いながらの贅沢ランチ(それも運動後の)。あぁぁぁぁ〜、時が止まってしまえばいいって、本当に思う時が来るとは!!
で、スタッフの1人がランチ休憩に入り、一緒にお話ししながらの楽しい一時。そして、何とポール氏も、他のスタッフさんの心使いで、コーヒーブレイクならぬワインブレイク+オーダー発注チェックをただきまして、私にもチーズの盛り合わせ&白ワインを振る舞ってくれ2人で横並びの時間。
d0181461_0512533.jpg

d0181461_0515769.jpg

d0181461_0523593.jpg

隣に座るこの人が、少しだけ偉大に見えた1日。こう言う働く姿って、時に見に来る必要ありかもな〜と思ったり。
ポール氏は仕事しながらだけれども少しだけ、私達3人の未来の話が出来て贅沢な時間が流れた。

ポール氏の仕事終わりまでいてもいいと言うお許しをうけ、フロント席に移動し、窓越しに行く人々を観察したりして過ごした、ら、ギャングが起き出した。
d0181461_0554770.jpg

走るよね〜っっ。
d0181461_0561417.jpg

窓越しに、話すよね〜っっ。
スタッフさん達にも相手にしてもらって、お客が少なくなったお店を行ったり来たりかけずり回っておりました。
帰りは3人でバス。
d0181461_1113643.jpg

窓から見える夕焼け。
d0181461_1102554.jpg

降りてからの夕焼け。
d0181461_1105691.jpg

色んな色がある事を再確認しました。

帰宅すると、お家までの階段を自力で登るくきに感動し、本日はスペシャルに次ぐスペシャルで頭がエラいこっちゃで完。(いつの間に?と本当に驚いた。)
d0181461_119818.jpg

それでも、2人で手分けして、くきのお風呂、ご飯と済ませてのお休みなさい。
パタパタと忙しい毎日ですが、生きていると実感出来るっていいな〜と、軽く思ったのでR。(←これやばい。)
[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-10 11:20 | Comments(0)
明け方5時。
出勤前のポール氏がシャワーを浴びた後、2人でコーヒーを飲んだ。
最近はもっぱら、フレンチプレスで入れるお家コーヒー。これが上手いのなんのって!!
レストランで働くポール氏のお薦めコーヒーをいただきながら、少しだけお話。
が、すぐに『ひぇん、ひぇん』と泣き声と共に、くきちゃん起床。仕方が無いから、くきにも今回は『アーモンドミルク』をあたためて振舞ってあげた♪
久々の3人家族の図、、って、ド早朝やん!!それでも笑えて良かった。

で、最近嬉しい事は、くきがよく食べてくれると言う事。
で、私も乏しい料理のレパートリーをやりくりすべく、リメイク料理に挑戦したりしている。
例えば、ヒジキを作り、その日はもちろんヒジキとして与え、次の日には卵焼きにして、そして次の日には、ハンバーグの具にしたり、、。おうどんを作った日は、完食出来無く残ってしまった場合(まっ、私が良く平らげるのですが、、)、次の日、お好み焼きの具として活用したり。
他のお母さんにしたら、当たり前の事が出来る様になっていたと言う驚き♪悪く無いな〜私と自己満足&自信に繋がったりしてね。
おかげでくきちゃん、随分ずっしりと重くなってきました。嬉しい事です。

あらっ?
くきの??がうさぎの??みたいにコロコロ。
水分足りてないのかな?

そんなことも、きっと当たり前なのに(ふっ)と考えてたりしてる自分が不思議♪

さて、今日は何を作って差し上げましょうか?
ははっ??
[PR]
by coyoteno1 | 2014-11-09 06:32 | Comments(0)