Bafana Bafana

by coyoteno1

<   2013年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

静かな年明け間近

昨日の仕事納めは完璧だった。
全てがぴったりと気持よく終れた。そして、みんな笑顔だった。
帰りに見たエンパイアーは輝いていた。
d0181461_727498.jpg


そして本日、ニューイヤーズイブ、大晦日。
私には、全く持ってその実感が無い。朝から抱っこ紐でクキを抱っこし、オーガニックの人参を7本程擦ってだし汁で煮て、冷凍した。
そして、オーガニックの富士リンゴを擦って、ジュースにしてクキに与えた。飲んでくれたし、擦りリンゴも食べてくれた。
午後からは、朝作った人参と10倍粥を混ぜて与えたら、これも3スプーンも食べてくれて感激した。作りがいがあるな!!
ちょっとだけ、母親らしい事が出来たと自己満足。

大好きな像さんを振り回しながら、顔を見てニコッとしてくれる。
元気に復活してくれて、もうそれだけで2013年の〆にふさわしい。

年越し蕎麦も無いし、ポール氏もものすごく忙しく一緒に年を越せない本日。
味気ないけど、それでも『幸せ』な年明け間近。
d0181461_743673.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-31 17:46

[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-30 10:09
髭の無いサンタがクキに$20の現金クリスマスプレゼント!!粋な計らいに感謝!!

まだコホコホと咳は出るが、授乳復活と随分元気になっての仕事2日目。
仕事終わりでタイミングよくポール氏より『お家戻った。ゆっくり帰っておいで』とテキストあり。

ベビーシッターさん頼みの土曜、日曜は、とにかくどちらかが早く帰るを目標にでの連絡網。ということで、私もいつもはパタパタと従食もとらずに帰るところを、同僚の1人と少し座って話が出来た。っていうか、いつの間にか話し込んでいた。

今思うと、これも必然的な流れからのシチュエーション。こうなるべくしてなったと思う。

大きなアメリカでの小さな日本社会=今の職場、みたいなところがあって、私が働かさせていただき始めた頃ってのは、昭和の所謂『心の助け合い』みたいなものが存在していた。が、今の2013年の職場には『それ』は存在しない。ボスずらしたいコントロールフリークはどこにも存在するんだと思う。そして、その存在の発言や態度に引き吊られるどっち付かずの『八方美人』も多く存在する。いつからか、私もこの『八方美人』な存在でいることが、ここで働く楽な選択だと意識の片隅で判断し、そうしていた感が否めない。話をした彼女にもはっきりとそう言われた。
『嫌われる事を異様に怖がるとこあるよね』、、、。

私としては、どっちも傷つかず、どっちも気持よくの精神が、反対の反応を呼ぶのかな?と、やっぱりそれは言い訳で、自分が傷つくのが怖いだけなのだと言う半分半分のところで話に幕を閉じた。

と言う事で、2013年。
幕〆にふさわしい時間の共有。
敵だと思っていた人の思わぬ真っ向からの正直対面と、そうで無いと思っていた人のまだ意味不明な『無視』と、、、色々ありますが、彼女が送ってくれた『かおりチャンには大切な家族がいるじゃない』の言葉と共に、2014年は、ちっちゃな事でウジウジしない(ってしてる時間は無い!!)更に飛躍の年になる様、超ポジテイブで子育てメイン(イヤ、これマジで)で頑張ろうと思います。

これを書いてる私の真下には、下の歯2本生えたクキちゃんが私の足に絡み付きながら『キャーキャー』お話しとります。この子無しではもはや考えられない私の人生。
彼が笑顔でスクスク成長出来る様、、、それだけが今この時点での私の最大の生きる使命です。

日本の父母、姉の家族、中国の弟家族、ポール氏の家族、支えてくれてるお友達が素敵な年を越せます様に。
そして今日が、仕事納め!!
d0181461_23535950.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-30 10:02
早〜やく良くな〜あれっ、、ってお前だよ!!

家族全員で風邪を引いた。それもものすごいひどい奴を。それもクリスマスホリデーって時に。


ご存知の様に、クキちゃんは先週の木曜に緊急で検診受けて、でも、加湿器を購入した以外なす術も無くと言った感じだった。そこへきて、仕事仕事子育て仕事のポール氏がそれをいただいた型ちで風邪を引き、そして私がそれのそれをいただいての風邪っ!!

23日は1日死んだ!
熱と、咳と、鼻と、悪寒と、、、起きれなかった。
クキには申し訳ないが、ミルクで我慢してもらい、とうとう薬を飲んだ。ポール氏も同じ症状なのに、クキのお世話を全てしてくれた。吐きながらオムツを替えているポール氏を涙目で眺めるだけの私、、。ゴホゴホいいながら3時間おきにミルクを与えてくれポール氏をベットから感じるだけの私、、。
24日。症状変わらず、、。その日も薬に頼る。とりあえず搾乳し、もったいないがさようなら。その日もクキにはミルクを作って飲ませてもらう。ポール氏も症状変わらず、でも、仕事へ。が、仕事場の人々がポール氏を1目見て帰宅命令を。心ある人たちでよかった。
帰宅したポール氏、チキンスープをこしらえてくれた。丸2日、何も食べられなかった私に。
そして、ゴホゴホいいながら、本物のクリスマスツリーを飾ってくれた。
そしてなんと、そのクリスマスツリーの下に、クキへのクリスマスプレゼントをそっと置いてくれた。袋には、ポール氏の独得の字で、To: KUKI From: Santaと記してあった。
涙が出た。
このポール氏と言う人は、そう言う人である。知っていたはずなのに、当たり前の様に接していた自分に、もう1度『改めよ』と諭されてる感を覚えた。
25日。クリスマス。ポール氏、仕事場から今日は休んで良しの連絡をもらう。レストランも営業を中止し、大掃除の日としたようだ。なんて開明な!!
しかし、3人ともゴホゴホ続きっ。私も起きられる様になったとはいえ、薬に頼っている状態で、搾乳しては捨て、そして様子を見ては薬を飲んで、、、。クキのコホコホは大分良くなって来て、それだけでもありがたい。ポール氏も相変わらず、ゴホゴホとやっていた。そんなポール氏、私のためにお風呂をきれいに洗ってお湯を貯め、エプセムソルと言う体を暖めそして、筋肉のこりをほぐすと言うお塩を入れて『入りなさい』と準備してくれた。ゆっくりつかり、そしてその日も『眠る』1日に。
26日。3人ともやっとこさ、なんとか笑える朝を迎える。っていっても、まだコホコホは続いたままだが、とりあえずツリーの前で写真を撮る。家族3人で迎える初のクリスマス、、は昨日で終ったが、まっ、1日遅れの『それ』は私達らしいねっ、なんてねっ。
そして、クキにサンタがくれたくまのプーさんの毛糸の帽子をかぶせて遊ばせる。死ぬ程かわいいっ。サンタ、クキの事をよくご存知で、、。ねっ。そして、ポール氏、風邪菌でやられたお布団やら洋服やらタオルやらのすべてを、4回程洗濯機をまわしてくれる。(クキのものは洗濯の前に漂白までしてくれる徹底ぶり)
27日。今日はさすがにポール氏出勤。私が今、とっても寂しいっ。とりあえず、昨日に比べれば、咳もコフコフくらいで、喉に引っ掛かるタンも少なくなって来てるので、今日1日温かくして過ごそう。明日はもう、仕事なので今日中に治す事!!
とりあえず、クキが元気で、ポール氏がタフで本当にほんと〜によかった。
遅ればせながら、メリークリスマス!!
d0181461_030240.jpg

d0181461_0405118.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-27 10:42

感謝。


父母様。
ありがとう!!
[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-24 22:42

山谷、白黒、緩急!!

d0181461_1503092.jpg

d0181461_151170.jpg

イエローハット小僧。
ゴホゴホやってて苦しいだろうに、バタバタと動き回る。
はくショ〜ンとくしゃみをして、鼻をビーとたらしてニタリと笑う。この落差が強烈にかわいいっ。

病院での先生を待つ間も、、、。
d0181461_1533964.jpg

自分の足食べるし、、、。
そんなだらしのない子に育てた覚えはありません事よっ。
あっ、親は私1人ではない事を発見、、。ぐふっ。

は〜やく元気にな〜あれっっ。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-21 11:56

風邪検診。

病院に行って来た。
夜に1人で連れ出すは初めて。ドキドキした。
帰宅人でごった返していた。
駅には、人、人、人、、。ベビーカーにリュックに肩掛けポーチの私は居場所が無い位にぶつかって、電車に乗り遅れた人に『チェッ』と舌打ちされた。

知るかっ!!!

こっちも大変なのだ。

さて、話を戻して、

病院では、夜遅い事もあり、朝行くよりも人が少なめで対応も穏やかだった。
クキちゃん病院に着くなり、ギャン泣きで、着せて行ったモコモコを脱がせたら、どっぷり頭から汗をかいていた。厚着させすぎた。

予約の時間よりも30分も前についたので、授乳。
クキちゃん少し落ちついた。

で、名前呼ばれて病室へ。
何部屋もある中の1つに通されて、子供の名前と生年月日を告げ、次に私の名前を。
クキを真っ裸にして、体重測定。15パウンド(7キロちょっと)で、前回の検診から少し体重が増えていてホッとした。
看護婦さんが『あ〜、この子は、ビックマンの子だ〜!!』と思い出してくれた。
2回程お世話になったこの看護婦さん。おしゃべりポール氏と仲良しになり、ポール氏がクキの事を『ビックマン(Big Man)』と呼ぶのを覚えていてくれての思い出し。(笑)

『どうしたの?風邪?』と聞かれ、『咳がコホコホすごいの』と返すと、『この時期はしょうがないわね。多いのよ!』と教えてくれた。
でも、診察ベットの上でバタバタご機嫌のクキを見て『ビックマンは大丈夫そうね!ハッピーホリデー』と言って去って行った。

約10分後、今日の主治医の代わりのエミリー先生登場。
クキの症状をのノートに記した物をチェックしながら伝える。先生からの質問は、おしっこの回数、??の状態、ミルク吐きのタイミング、ミルクを飲む量(食欲)、、、など。
全て、的確に答えられたと思う。

先生曰く
『咳の具合が、風邪っぽいが、呼吸も大丈夫だし、体重も増えてるし問題は無い。咳止めのシロップが出せる年齢ではないので、このまま様子を見て、それでも良くならない場合は、もう1度診察を受ける様に』との事。
ミルク戻しに関しては、
『母乳をそのまま与えるのではなく、1度搾乳し、それを哺乳瓶から与える様に』との事。鼻が詰まっているので、1度にたくさんは飲めないので、親が見ながら加減してあげる様にする事との事。

それを聞いて、確かに、母乳を直接あげた後、吐く確率が多かったと納得。

診察を終え、速攻帰宅。
帰りの電車も込み込みで大変だった。
うれしかったのは、最寄りの帰宅駅で、ベビーカーを一緒に運んでくれる人あり、駅の重いドアーを介添えしてくれる人ありで助けていただいたと言う事。

料理する気力無しで、チャイニーズのテイクアウトをオーダーし、帰宅。
ミルクを作り、クキに与え眠らせてから、ご飯を半分食べ私もグッタリ。

クキが早く良くなりますよ〜に。
d0181461_0161737.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-20 10:19
とうとう緊急で、病院を予約。今日の午後6時半。
担当医が手一杯との事で、代わりの先生での受診になる。
もちろんクキの事。

月曜日からのゴホゴホは治まらず、ミルク戻しも今朝の1回を含めると3回。
そして、鼻づまり&鼻水。
夜中、グズグズと愚図り、30分に1回起きる。
食欲は、、、ミルクを飲むには飲むが、いつもの量飲んでない、気がする。

くしゃみと咳を繰り返しながら、目の周りがほんのり赤く涙目。苦しいだろな〜と思うと、私まで食欲が無くなる。母親ってこんな風にもなるのね。食いしん坊の私なのに、、、。

今少し、クキちゃん熟睡。きっとすぐに起きちゃんうんだろうけど、寝てくれると少しホッとする。
寝てるクキの隣から離れられず。(超〜心配)

5時に家を出るとして、クキがどんな状態なのかちゃんと説明出来る様、事細かくノートにメモし、行く前に少し授乳して、温かくさせて、、と頭が休まる事は無い。
は〜っっあっ。ごめんねクキちゃん。早く良くなりますよ〜に。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-19 14:23

シブいぜっ!!



クキちゃん、初めての離乳食ならぬ、初めてのオレンジジュース、、もといっ、グレープフルーツジュース体験。

お顔が、シブいぜっ!!
はい。よく出来ました。
(先週の金曜日。)
[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-17 12:39

初めてのコホコホ続き。

昨日、私が仕事中にこんな写真が送られて来た。
デ〜ンッ!!

d0181461_2195822.jpg


イヤ〜ン、いけず〜っ。
クキちゃん、ポール氏にマッサージをしていただいたらしい。
いいな〜、いいな〜。
お尻がプリプリ&テカテカでかわいいっ。

てっ、そんな呑気な事も言っていられない。
昨夜より、クキちゃんコホコホと咳が出る。
そして、ミルク戻しも大量に2回程。
苦しいのでしょう、30分おきに起床。大丈夫か?

今朝、熱は無いし、母乳もグビグビ飲んでくれるので、とりあえず予定していた『離乳食講習会』をキャンセルさせていただき、お家で様子を見ながらゆっくりしようと。雪だしね。また雪!

先週の屋根からの水漏れが、問題。
今日の雪のせいで、屋根修理は来週になる模様。(昨日、今日と業者が破損具合を見に来た。)
はあっ〜、、。
ちょっと心配、、、。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-12-17 12:30