Bafana Bafana

by coyoteno1

<   2013年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今週残すところ1日となった仕事。
なぜだか今週は、非常に疲れた。本日も仕事だと言うのに、、。

普段から『疲れた』と言う感覚が無い。『疲れた?』と人に聞かれても『全然!眠いだけ』と答える私。
が、今回ははっきり言おう。『疲れた!!』誰が何と言おうと『疲れた』のだ。それだけ。

さて、今日で9月が終わり。
がーんっ。
早過ぎやしませんか?
スケジュール表を開きながら、ま〜よく動き回ったもんだの9月。よくやった私。
誰も褒めてくれないから、自分で褒める。これ大切!!!!
そして、本日クキちゃんのお尻の出来物が膿んで来たので、病院に予約の電話。
ついでに、お耳のカサカサも見てもらう事とする。(とてもドライなのだ。)
そして、最近は脚までカバー出来るお洋服に衣替え。
ダンゴ虫の様に体をくるんと丸めると、足先に付いたお猿さんが(こんにちは)してるようでかわいい。
そして、夜中の大きな声での雄叫びと、毎日の様にピーチクパーチクのおしゃべりは健在で、ま〜、健康である事のすばらしさったら。ありがたい。
首も座りつつあり、そして、寝返りが出来るんじゃない?カナ?の動きもちらほら。
で、練習させてみた、が、反対に遊ばれて完。
まっ、気長に行こう。


[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-30 12:15

Wall Street Guy.

d0181461_21202911.jpg

沐浴上がりで、七三に髪を分けられ遊ばれていた、、。
くき〜っ、いやんっ。それでもかわいいっ。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-27 08:22

オッパイヘルパー。

いや〜、楽しかった。非常に有意義だった。
この仲間の存在は偉大だ!!

非常に経験もノーレッジも豊富なお2人と、久々のデート。
そして私、産後初の『夜遊び』。不良ママ!!!!

大好きな博多料理屋トントンへ!!
d0181461_20402565.jpg

d0181461_20404896.jpg

d0181461_2041143.jpg

d0181461_20413948.jpg

このお店で初めて食べられる様になったレバー。ハマチのお刺身ガーリックポン酢。豚と明太子のサラダ。お店からのサービスで豚の頬のお肉のおろしダレ焼き。
この他に、こんにゃくと豚肉のお好み焼きと、美肌もつ鍋。食べまくって、しゃべりまくる巻!!
あっ、もちろん飲みまくる〜っ!!私も白ワインを1杯。久々にうんま〜いっっ。

2人は、私の出産に1番に駆けつけてくれた人物。
『まだ産まれてなくても行くわよ〜』の勢いで、病院に駆けつけてくれて、出産した病棟から移されてた私を(いや、クキを)探して、半分ヘロヘロになりながらお見舞いにきてくれた。(いや、クキを見に来てくれた。)それが、もう遠い昔の様。
でも、それ以上に前の前のみんなの昔話を聞いたり、これからの未来の話をしたり、はたまた目標がクリアーされると、反対に行動範囲や選択権が広がるあまり、恐怖も広がると言う矛盾について話したり、、。
そんな話を聞きながら、私の中で、自分に置かれている今の状況をクロスさせて(モヤモヤ)に火が付いたので、思わず話をしてしまった。聞いてもらった。

『そんなださい事に時間費やさないで、意識を他に向けなさい!!』

(ださい事)
私にはとても素敵に響いたこの言葉。

分からない事にあれこれ思考を働かせると、妄想の中で自分が溺れて生き耐えてしまうので、もうこのださい話は無し!!
なんか、力強く腹をくくれた夜!!
イヤマジで。
知らず知らずに、ストレスという型ちで私のオッパイ事情にまで襲いかかって来ていたこのださい事件は、あの夜の2人とのリッチな時間で復活。オッパイ見事に復活!!面白いくらいに人間の体って正直なのね。
2人に助けられた夜。

最後に、遅れに遅れてしまった2人の7月、8月の誕生日を祝うために仕込んどいたバースデーケーキで幕!!
d0181461_2058778.jpg

d0181461_20583131.jpg

最後の最後に、またもお店のサービスで白ワインをみんなに1杯づつ。
最高のお食事と、最高のサービスと、最高の仲間とのまったりタイム。
不良ママの充電完了!!
ありがとう、ポール氏。(豚足のお土産、、、忘れちゃったけどね〜。)
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-27 08:16

『演技』とは、、?

**********************************************
底なしの欲望、というクリシェがあるが、真の悪は本来の意味で底が抜けており、欲望さえもそこからは流れ出ていることが、彼の相貌からは明らかになる。彼の声、所作、振る舞いなどを堆積していくと、この人物がもはや何も求めていないことがわかってくる。生きものとしての彼を見つめようとするならば行動原理のようなものはすべて抹消されており、あらゆるおこないは自動化された必然にしか思えなくなる。そう、彼は、この世界に埋め込まれた普遍的現象をトレースしているだけにすぎないのではないかと。

それは錯覚にすぎない。しかし演技とは、詰まるところ、いかに迫真に満ちた錯覚を、いかに気づきを呼び起こす錯覚を出現させられるかではないか。

たとえば台風や地震に、主体性はあるだろうか? それは、起こるべくして起きているだけではないだろうか。彼の表現には、利己的な瞬間がまったくない。台風や地震に主語が与えられることがないように、彼の表現には主語がない。彼はただ、自然の内部に横たわる沈黙だけをあらわしているように映る。

同時期に公開される映画ではいわゆる善人という役どころを与えられてはいるが、やはり主語を存在させていない。わたしたちは晴天や月夜に手をあわせて感謝する。しかし自然は、そもそも真意なんて有していない。

自然はわたしたちにとって、もっとも巨大な他者だ。わたしたちは、この他者を永遠に理解することはできないし、永久に太刀打ちできない。彼は、忘れたつもりになっている現実に出逢わせる。
**********************************************

こんな記事を見つけた。(少々修正してますが、、。)
理解すると言うよりは、何かゆっくりと体を流れた感じ。
『演技』とは、、?
嘘を嘘でない様に表現すると言う感覚?
『演技』とは、、?
、、、、、、、、、、、、、、、、、?

永遠の課題で、そこを通り越した所に何か別の光が隠れている様な気がする。
到達したいね〜、いつか。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-25 00:41
2アベ『エピソード3』配信。



次のエピソード4にも私チョロリと出演するのですが、、、。募金が目標金額集まらないと、公開不可能となる模様、、。
見たいなー、スクリーンの中の化けた自分。
見てもらいたいなー、スクリーンの中の楽しんでる自分。
そして、続くこの物語の行く末を1観客として楽しみたいなー。

頑張れ、2アベ!!
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-24 11:25
仕事中、いつものクキちゃん元気です写真が送られて来た。
今日はいつもと違う。
クキちゃんポール氏と2人でバスに乗って、大冒険のスタート。
d0181461_2356758.jpg

最近富みに寒さが肌に染みる様になって来たので、こんな風に包まれて、カーシートに乗せられて。

バスに乗った途端に、いつものおしゃべりクキちゃんの本領発揮。
ピーチクパーチク大きな声でっ。
乗っていたモスラムの女性が笑顔でクキちゃんを見守ってくれたとか、黒人の女性が『きれいなベイビーねー』とか、声をかけてくれたそうな。

で、バスを降りた途端、コテンっと眠りに落ちたそうな。ははっ。

で、2人が向かった先は、ポール氏のお兄さんのお家。
彼のお家で、かわいがってもらったそうだ。
こんな風に。
d0181461_003151.jpg

って、寝とるやないかいっ!!
お兄さんの下の子、マヤと仲良くお昼ね。

で、お兄さんの奥さん(プロのベビーシッター)が、お腹が痛くてごねるクキの、ゲップだとかおならだとか色々お世話をしてくれたそうな。
持参した私の凍らせたミルク2パックも、飲ませてくれたそうな。ありがたいっ。

小さい頃から、こうして色んな人にかまってもらえるのは、クキにとっても良い事で、私もうれしいっ。

クキとポール氏の大冒険。
帰りは、お兄さんが車でお家まで送り届けてくれたそうで、短い小冒険で、『完』。

P/S:昨日の仕事は暇過ぎて返って疲れた!!コンピューター導入に伴い、少々頭を使ったと言う事も疲れに繋がった理由の1つである事も付け加えて。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-24 11:09

試された夜。

真夜中、クキちゃん『ギャ〜〜!!』と叫んだ。
今までに聞いた中で1番大きな泣き声。
親の私達、飛び起きる。
 
私がクキを抱っこ。
ポール氏電気をパチり。

この行動のものすごい早さと言ったら、、。


オッパイ吸わせたら、チュパチュパしながら再び眠りに落ちて行った。

試されたな、親の私達っ。

眠ったクキの顔を見て、2人して笑いながら『怖かった〜、ビックリした〜、でも良かった〜。』と言葉を掛け合い再び眠る。
2人とも、すぐには寝れなかったんだけどね。

で今朝、クキちゃん何事もなかったかの様に元気に起きまして、1人でピーチクパーチクお話ししてました。それも、大きな声で。



はいっ。
元気が1番。
ありがとうっ。そして間違いなく、今まで以上にあなたのお世話に精を出させていただきます。はい、クキちゃん!!
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-22 14:23
昨日土曜日の仕事。
始まって、3番目くらいに担当したお客様のご夫婦。
『確か、あなたじゃなかったかしら?5月の初めに、(この日が最後のお勤めなの。産休に入るから)って言ってたの?』と話しかけられた。
『わ〜、そうです。私です。無事7月に産みました!!』って答えた。
そこから、男の子?女の子?元気なの?あなたはどうなの?と立て続けに質問を受けて、私パワー全開となりました。
帰り際、母がたくさん作ってくれた、爪楊枝入り折り紙をプレゼント。
凄く喜んでくれた。そして、『See You Soon』と笑顔で帰って行った。

レストランでパタパタ忙しく動き回るウェートレスの私を覚えててくれたって事に感動。
そして、ものすごくうれしかった。

そして、
仕事終わりで、雨が降り出した。
天気予報では、日曜に降るって言ってたのに〜ッて嘆いたら、『今晩から降るって言ってたよ〜。』と仕事仲間が1言。

と言う事で、予備傘を持ち合わせていない私は、オーナーにお願いする。
『傘、貸していただけないでしょうか?』と。
すると、『エルメスのブランドもんの傘だけどいいか〜?』とやはり大阪人。
『忘れたふりして、一生返しませんけど。』と返す。

そんなやり取りをしていたら、オーナー店の裏の自宅へ『お疲れさま〜。』と帰って行った。

(傘、、、?)

忘れられてしまった。

が、運良く外に出ると、ぱらぱら降りだったので、急ぎ足で駅まで。ずぶぬれになる事無く無事サブウェイに乗る。

しか〜し、マンハッタンを超えて、我が街ブルックリンはそうはいかなかった。
駅を降りたら、土砂降り。

昔なら、ポール氏に電話して傘を持ってお向かえにきてもらうのだが、、今は大事なクキちゃんが居るからそうも行かず、意を決して雨の中にダイブ。
仕事のTシャツを頭にかぶる事を思いつき、それを頭に乗せた瞬間、紳士が『Here You Go』(これどうぞ)と、自分の傘を私に差し出してくれた。
『Oh No. I'm Fine』(大丈夫)と返すが、ものすごいキラキラした笑顔で『I Have My Cap』(ボク、帽子があるから)と答えてくれる。
『Thank you so much』(ありがとう)と返し、その場から彼はまっすぐに、私は右へと雨の中、、。

彼からいただいた、黒い折り畳み傘。
握りしめながら、(あ〜、名前聞くべきだった、住んでるところ聞くべきだった、あっ、でも、それはやり過ぎか?この傘、返さなきゃ、、、。)とか、色々ごちゃごちゃ考えながら、それでも心がしっとり暖かくなった。

土砂降りの雨が、こんなにも素敵な雨だと思えた初めての土曜日、いやもう日曜日になっていた夜中。
お気に入りの白のコンバースがずぶぬれになったが、そんな事も気にならないくらいの完璧な終日。

P/S:『子供が出来ると、他の小さな事がどうでも良くなるでしょ?』と彼女が私に質問。私のその答えは、(どうでも良くなるのではなく、気にはなるけど、それ以上に子供のためにやらなきゃいけない事、考えなければならない事がたくさんあって、その小さな事に時間を割くと言う事が出来ないと言う事。)だな。それが正直な今の私の答え。あの時は『そうだね。』としか返答出来なかったけど。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-22 09:06

作動良しっ!!

d0181461_6403831.jpg


クキの頭修正操作開始!!
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-20 17:41

みんなスマイルっ!!

d0181461_743944.jpg

もっと恥をかこう!もっと失敗をしよう!
そう思った本日木曜日、朝。

早朝から、予約無しの病院へ1番で乗り込む。
WICフォームに必要な産後の血液検査の結果と、ドクターのサインが必要なのと、11月の私の診察予約を取るために。

メデイケイド(保険)のリニュウアル完了の手紙が昨日届き、よって11月の検診も受けれる事に。そして、マンモグラフィの予約も取る事とする。
血液検査は、産後していなかったらしく、ドクターのサインをいただき、別の部屋へ移動しての血液採取。結果は明日。
(P/S:体重測定もした。ただ今145パウンド『65キロ』なり。随分減ったな、よしよし。)

なぜか今日は、会う人会う人、みんな良い人だった。と言うのは、みんな笑顔で、目と目で挨拶が出来た。病院の受付のおばちゃん、ドクター、予約係のお兄ちゃん、血液採取のおじいちゃん先生、銀行の職員の黒人のお兄さん、バスの運転手さんでさえも。

人は、人間は毎日が違う。
みんなの毎日が、こんな日であれば良いのにと真剣に思ったと同時に、状況がどうであれ、私はこうであろうと強く思った。スマイルスマイル。

で、日本帰国から無事アメリカ帰国を果たした、心のマネジャーの2度目のクキ訪問。

クキに絵本のお土産。私に白いご飯にうれしいおかずのお土産。たまりませんっ。
頼んでおいた、クキ用『冷えピタ』と私用の『葛根湯』(漢方の熱冷ましー授乳中でも服用出来る風邪薬)。ありがたや〜!!

日本のインスタントでも美味しいコーヒーをすすりながら、あれやこれやのお話。やっぱり、楽しいっ。途中クキちゃんも参戦で、3人でのおしゃべり。

心のマネジャーのこれからの大きな変化と発展を祝って、近々ご飯食べに行きましょうと約束してさようなら。
ほんの2時間が、とてもリッチな2時間で、私の心も満たされました。
訪問ありがとう〜。
また、土曜日ねっ??
[PR]
by coyoteno1 | 2013-09-19 18:45