Bafana Bafana

by coyoteno1

<   2012年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

イリュージョン。

気がついたら,隣の駅でした。

仕事帰りで夜中をとうに過ぎておりました。

『寝過ごして隣の駅に来ちゃった、、。』と半ば切れ気味に相棒に電話。

マンハッタン行きの電車は動いているのか,この駅で働いている人に尋ねる。
『もちろんっ。』との応え。
で、『そこのドアから入りなさい。』と無料で通してくれる。
彼の笑顔が(寝過ごしたな?ハハハっ。)と物語っていた。

ありがとうっ、、、。

で、待つ事20分。
お迎えの電車が来ましたので,今度は眠らない様、ドアに寄り添う様に立って行く。
窓から見える夜のブルックリン。おとぎの国の様に見えた。
自分の意識がそこに無い感じ。

で、電車を降りると、相棒が迎えにきてくれていた。
たくさんの蚊に襲われた腕をポリポリ掻きながら、『おかえり〜、小さな旅行はどうだった?』と、、。

疲れていた気分も,イライラしていた気分も吹っ飛んだ!

2人で、道に転がっていたスプレー缶の蓋を蹴り蹴りお家へ帰る。
家の前までプレイしたかったけど、、、
最後は、駐車中の車の下に蓋が入り込んで『ゴール』。
あれれっ?

体は疲れていたけれど、心が軽くなった素敵な夜でした。
ありがとう!!
d0181461_2350720.jpgd0181461_23502322.jpgd0181461_23504526.jpgd0181461_23511160.jpg
[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-29 10:52
d0181461_2325265.jpg

非常に満足感で一杯です。
これってすごく素敵な気持ちです。

いろいろありましたよ。
本当にっ。

最終日、カツラが飛びました。

全員出演のそのシーン。
彼女のカツラが落ちまして、それを着物の襟元にテンパりながら突っ込みまして、小道具の手ぬぐいでつるっ禿の頭を隠そうとする必死の行動がウケまして、台詞を発しなければいけない役者陣はもう、、こらえられずの小爆笑。台詞しゃべりながら『グルルル〜っ』と笑いをこらえるあのサウンド。想像してみてください。涙がにじみます。
そんなやり取りやら、彼女の、最後はあきらめてつるっ禿のまま踊るそのシーンは、最初で最後のラストダンス。(私振り付け!!)
お客様にも飛びまして、もう劇場内が大爆笑。

あの一体感はいったい何なんでしょう?
不思議な一体感。

いや〜でもね、こんなハプニングも貴重な経験ですし、返ってこんな事が後々結構忘れられない『良い』思い出なんですよね。(奴と旅したセドナの時のように、、。)
d0181461_23263687.jpg


気づけばその日も飲んでました。
片付け終わらせて、飲みました。
笑いました。明け方まで、、、。

で、昨日通しで1日、働きました。
フラフラでしたが、幸せでした。

さ〜、『生きる』ための生活が始まります。
休み無く連チャンで仕事。ありがたいっ。(と思う。)
悪くない感じです。
寂しいとか、空虚感とか、そういうのも無い。

ただ確実に次に向けて、毎日コツコツコツコツ進んでゆきたいものです。

観に来てくれた方々、そうでなくても支えになってくれた方々、心から感謝。
d0181461_23254828.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-28 09:32
とうとう残り1ステージとなりました。

昨日も続々とたくさんのちびっこ、大人が観劇してくれましてたくさんのお褒めの言葉をいただきました。
『クリエーテイブな舞台』。これって大変心に響く物がありますね。

個人的には『英語上手ね〜』と言われたのには驚きと嬉しさで感慨深い物がありました。
本当コツコツコツコツとですね。

初日に観にきて下さった映像関係の方が,大変この舞台を気に入ってくれて、昨日レコーデイングしてくれました。それも2台のカメラで。で、本日、クローズアップシューテイングまでしてくれると言うサポライズ。自分の手に、NYでの私の軌跡が残る嬉しさ。まだ1度も観た事の無いこの舞台上での自分。ワクワクします。
日本の両親にも送ろう!

最終日は片付けや、『役者』であるが生活がかかっている面々は,セカンドジョブの都合上、打ち上げが出来ないため、1日早い『乾杯』を、日本の居酒屋で、昨夜開催。
d0181461_213793.jpg


スタッフさんが頼む大ビンの日本酒冷ややら、地ビール(日本のね)やらが廻るテーブルで,私は冷静に白ワインアゲイン。それも2杯も。トイレに立った脚がふらつきましたが,何か?

とりあえず、たくさんのありがとうと少々の愚痴ジョークと,明日に向けての皆の意気込みが交差する楽しい宴でした。
d0181461_2133610.jpg

駅までの帰り道、そよ吹く風が冷たくて,上着羽織りました。もう秋がそこまで来ているのですね。ちょっと余裕が持てたそんなテクテク帰り道。脚、,,相変わらずふらついてますけど,何か?
[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-26 08:08

3ステージ終了、、。

d0181461_13131920.jpg

本番2日目終了。

いや〜、いろいろアクシデントは起こるもので、それでもお客さんの反応はすこぶるよろしくうれしい限り。
子供劇と謳っていますが、いやいや大人も楽しんでますと、知り合いの面々にお言葉をもらい更にうれしい限り。

徐々に、お客が入った劇場で、自分の役に更なる命が吹き込まれている感じを実感。

残り2日、3ステージでどこまで『キャラクター』に色を形を匂いをまとわす事ができるのか?

勝負ですな。
悪くない、うん。悪くない。

足を運んでくれた皆様、感謝。
そしてこれからも、、、。

よし、眠るぞ〜。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-25 00:23

いよいよ本日っっ!!

♪白髪なんて無いさ 白髪なんて嘘さ
 寝ぼけた人が 見間違えたのさ 
 だけどちょっと だけどちょっと 僕さって怖いさ
 白髪なんて無いさ 白髪なんて嘘さ♪

(お化けなんて嘘さのバージョンでお楽しみください)

デデ〜んっ。
d0181461_2332558.jpg

こんにちは『白髪染め』。初めまして。
とうとう昨日初購入しまして、早速試してみました。

髪を引っ詰めた時にコメカミのあたりに、ドバーと白髪が大量発生しましてその応急処置です。
人は気にならない、、と申しますが、私は気になる以上に気になるのですね。
まっ、そんなお年ですよ。

で、話は変わって、
手放せば(吐き出せば)、何か違う形で(入って)来るのですね。
これは、どんな形でもそういう事なんだと感心した日。
本当、『山あり谷あり』が急展開で、あれよあれよといった感じ。楽しんでしまえ!!

最後のドレスリハーサル。
最後のダメ出し。(いや、決して最後ではないな。うん。)
動きの軌跡。

良し!!
本日、いよいよ本番。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-23 10:41

ナイアガラの滝、、。

朝から無言が続いて、昨日の今日でとうとう発狂した。

誰がどうのこうのって問題ではなく、自分の中の妥協できない事だとか、先に進みたいのに足踏みし続けてるじれったい状態だとか、『生活』があっての自分らしさだとか、、。
いろいろがいっぺんに降り掛かって、それで参っていたところに振りかけられた、、というか、振りかけた油、、状態。

で、ドバッーと吐き出して、プリプリ悶々しながら、サブウェイを降りたら気持ちが楽に軽くなっている事に気づいた。
抱え込んではいけないのね。
吐き出すべきものは吐き出す。
難しいようで簡単な事。
でもそれは、日本でもここNYでも受け止めてくれる『心ある人』が側にいてくれるから。
それって、すごくすごく幸せな事だと思う。

で、本当に単純で分かりやすい私は1人ランチに『大戸屋』へ。
最近できた、日本のチェーンレストランNY店。
『食べる』=思考をポジテイブに、、。

いつもよりゆっくりと1口1口噛み締めて食べた。
いろいろ私の中で起きている1つ1つを噛み砕き理解するように。

す〜と心が軽くなるのと反比例で、お腹はズシンと幸せな重さを加えました。

最終の小道具ショッピング終了。
最終テクニカルリハーサル。
時間と気力の戦い。

ゆっくりのストレッチ、舞台上のクリーニング。
衣装チェック、キュウ確認、立ち位置確認、増えた出番、早変えの補助、、。
まだまだ、まだまだ終わりのない追求は続く、、、。
d0181461_23145451.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-22 10:22
全く持って集中力0。

それなのに、テクニカルリハーサル&ドレスリハーサルで大いなるOKをいただく。
自分の中のもやもやとは関係なく、『大切な事』はちゃんと進んでゆくギャップ。
これはこれでありなのだろうか?

リハーサル終わりで、キャスト4人&デイレクターで飲みに行く。
やっぱり芝居には触れない。
こう言う切り替えが自然にスッとできるってすばらしい。

今日の白ワインは無口な世界へと私を誘い、でもみんなの大きな笑い声や大人なジョークに(あ〜心地よい)と体が感じた。
今日は疲れた。脳も体も疲れた。

とりあえず今日は休んで、
明日、やるべき事を1つずつ片付けてゆきましょう。

お疲れさまでした、自分。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-21 01:28
朝からたくさん泣いた。

そんな月曜日。

いいのいいの、これも自分を知る通過点。
1度にたくさんは消化出来ないけど、徐々にね,徐々に、、。

そして今日からシアター入り。
たくさんの衣装、小道具をトランクにつめて行ってきます。
d0181461_3251471.jpg


とりあえず,今すべき事に集中!!
[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-20 14:22

雨後、快晴!!

d0181461_13574076.jpg
d0181461_13582282.jpg
d0181461_1359266.jpg
d0181461_13593314.jpg
d0181461_13595995.jpg
d0181461_1415487.jpg
たくさんの運とタイミングでNYヤンキースVSシカゴレッドソックス戦を観戦。
ICHIRO SUZUKIをマジかで拝見。
彼の美しい走りと、常にストレッチし続ける彼なりのスタイル、バッターボックスに立った時の独特なフォーム。
ユニーク。UNIQUE.
ICHIROがICHIROである事が素晴らしいと,それだけで感動してしまった。
(人一倍の努力と統合されたトレーニング&メンテナンスが底にある。)

彼こそ、50歳、60歳と現役で戦い続けられる『モデル』であるべき人だとそう確信した日。
ありがとう。
I GOT MOTIVATED BY ICHIRO.
d0181461_14152568.jpg

[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-20 01:12
英語個人レッスン。

やる事たくさんあっても、週1回で受けてます。

いつからか、『役者であるために』の英語ではなく、『生きるために』の英語をと、モチベーションをスイッチしたら、気分が楽になりまして、これこそ本気の自分ペースでコツコツと。
本と何事も『人』『あなた』が始まりですから、、、。(何度も何度もそこをするりとスルーしてしまう私って、、。良いの、良いの、何度間違えても戻ってこよう。)
役者としてのプライドだとか見栄だとか、そういうものがするりと剥けて、今、中学2年生レベルを、、。(上の方からドンドン落ちていった、、コロンビア元生徒。)

先生の(ホ〜、そういう試みか?)みたいな作戦が見えて、(だから私はこのレベルからなのか?)と発見できて、そして私に合っていて、これはすごい事。

ま〜、言える事は、ひたすらの自分の努力です。継続は力なり+勉強の仕方ですね。
こうでもない、ああでもないと先生がレッスン中に試してくれるので(私に合った方法をね。)、そこで発見したやり方を、ひたすら毎日繰り返す。
毎日コツコツコツコツと、、。



時間かかりますよ。
しか〜し、
不思議と、レッスンを受けたその日の夜の仕事は、快調に自分の口から英語がこぼれ落ちるから、、。
お客さんとの会話も弾んだりね。これ面白い。

継続は力なり!!
継続は力なり!!
継続は力なり!!

この調子で、台詞をもう1度、、。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-08-16 10:15