Bafana Bafana

by coyoteno1

<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

七転び八起き

馬鹿で良いかと思う。
変わらないで『そこ』にいようと思う。

きっと、自分では気づいていない失敗をし、人を傷付けてきたのであろうから。

私は変わらず『そこ』にいよう。

まだまだ、小さい自分を恥じ、でも前に進んで行こう、自分のペースで。

厳しくも平等な目線で叱咤してくれる親友達よ、心からありがとう。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-31 02:11 | Comments(0)
*父母の電話越しのボイストーンの明るさに救われる
*素晴らしい物や、者、全てのそうである事に素直に『素敵』と言える自分
*花屋の彼女の決断とこれから
*セドナ旅行の大親友の『戦い』
*1ッ歩引いて、ぐるりとまわって考慮して、、それでも時間は必要なのだと言う事
*『そこ』にいてくれる強さと優しさ
*軌道切り替えが、つながりと新たな光を与えてくれた事
*どうこられ様とも、それでも自分は変わらないし、変われないという事
*素敵な物語りに出会いたいと言う欲と行動
*Be Humbleの精神忘るべからず
*コロンビア大学の先生の小さな気使い
*肌の色、職種、年齢、性別に関係なく尊重し合う気持ちの大切さ
*『ソウルメート』の意味と存在
*発する言葉だけじゃなく、文字としての言葉の威力
*人の振り見て我が振り直せの教えの真実み
*表現者として伝える、伝わるの快感度
*全ては自分のまいた種??なのだろうか?
*白と黒の狭間
*それでも物欲は無く、でも必要な物のリストアップ
*私には2つは同時に出来ないの実体験
*自分のペースと自分の納得のいく場所と仲間
*苦しくても心がモゲそうでも、仕事場で笑ってる自分もやっぱり自分
*久々に2人でランチ(想いが一杯で半分も食べられず、、。)
*どんなに悩んでも、時間かかっても台本を書こう
*次のプロジェクトに向けて動き出せ!
*去年撮影した映画がついに完成したという連絡をもらう(映画祭出品)
*そんなこんなでも、自分をもちろん含めみんな笑顔でいられますように
*日本の皆への感謝の気持ちをちゃんと行動に移す事!!
*ネイちゃんのチビへの入学祝いの手配
*よもぎーずのこれから
*行動あるのみ

精神的にも体力的にも非常に、本当、異常に疲れています。
それでも、毎日はやって来る訳で、いい大人ですから行動します。はい。

久々のお昼過ぎまでお家でゆっくり、の火曜日。朗読会の打ち上げパーテイーはそれはもう楽しくて、盛り上がりました。

仕込んだ『余興』、、。大成功!!

26日パーテイーで〜すのメールの直後、もう行動してた自分が今更ながら滑稽。
早かった〜。
『面白い事やらない?』のメールを即打って、速攻彼女からの返信『やる!』
で、2日で台本の構成を話し合い、その夜私が仕上げる。
彼女が振り起こしして、曲も彼女の頼れる親友が作ってくれた。
衣装は私担当。こんな所にこんな衣装がありますよ〜は以前から偵察ずみ。だから早い。
3日間、たったの3日間、スタジオおさえてのリハーサル。

笑い転げながら、台本の手直しなんかもしながら、本当手作り。オリジナル。
もうこのプロセスから、2人とも生き生きしちゃって笑える。
行動開始から1週間での仕上げ。

テーマ:真剣におちゃらける。愛を持って演出家をスタッフを、役者を転がす。楽しむ。

2人の間での約束:どう間違おうが問題無し。楽しむ事!真剣にバカをする事。

で、本番。

http://www.youtube.com/watch?v=VFOMQhsbSYM

もう、、、。
声裏返ろうが、踊り損ねようが、歌詞間違えようが、そんなこた〜問題じゃない。
楽しかった。心から楽しかった。それだけ。それだけがとても偉大で貴重。

『よもぎレデイー』デビュー。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-29 20:06 | Comments(0)

まじめにパロデイ〜!!

The acting is superb

また素晴らしいお言葉いただきました。
朗読会を観にきてくれた、アメリカの演劇関係の女性から、、。うれしすぎます。

で、明日は(と言っても、もう本日ですね。)、打ち上げです。
私、頼れる彼女に声をかけまして、『余興』します。

こう言う事は行動が早い。
台本も、2日の打ち合わせで仕上げまして、曲も人の手を借り、完成。(本当に感謝)

お互い忙しい中、時間作って、スタジオ借りてのお稽古。

も〜、これがまた、踊れなくなってて、ウケるっ。
二の腕のお肉がぷりょぷりょして、ウケるっ。

焦りとか、ひがみ、ねたみ、、、一切無し。ウケるっ。
良い年のとり方をしている様で、ウケるっ。

も〜、こうなったらとことん真剣におちゃらけます。愛を持って人を転がしてみます。

自分がとにかく楽しめるこの企画、全力で明日(いや、今日)決行!!

夜中にまだまだ、小道具作り〜。これも久々で、ウケるっ。ははははっ〜。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-26 01:43 | Comments(0)

NYストーリー。

爆睡、爆眠、、。あ〜、私の半日が、、、唯一の休みが〜、、温かな半日が、、。
いやいや、疲れていたのですね。そう言う事です。睡眠大切。体を休めるの大切。

で、コロンビア大学の中間試験の結果が返ってくる。
グラマー 17/20
ライテイング 16、4/20
リーデイング 16/20
リスニング 15/20
スピーキング 18、4/20
トータル83点で、合格です。

よしよしと両隣の2人のテスト結果を聞きますと、私より高得点で『そうよね〜』と、、。
そんなもんです。まっ、でも、『合格』ですから。

で、で、とてもNYポイ話しを1つ。
良いも悪いも、NYな感じ。

夜10時くらいのサブウェイの中、MTA(サブウェイ関係のお仕事)で働くチャイニーズアメリカンのおじちゃんが、トっぽいファッションに身を包んだ若者2人に声をかける。
『君たち気を付けなさい。ipadやiphoneを狙う凶悪な犯罪が続いているからね。』
若者2人は、ipadを露骨に抱えていたのである。そして、こう返す。
『大丈夫、僕たち走るの早いから、、はははは〜。』
で、おじちゃんこう返す。
『あのね〜、頭をゴツンとやられたらお終いだよ。それに銃を突きつけられたら、、どうよ?』
そう言い放って、サブウェイを降りる。

そこから、その車両中の人々がその話しに参加。サブウェイ会議である。

ロシア人の女の人が話し出す。
『私のおばあちゃんが、強盗に道で銃を突きつけられて、iphoneを出せと言われたの。』
車両の皆様からは、
『まじで〜、こわいね〜。』『それで、どうなったの?」
彼女曰く、
『それがね、おばあちゃん(あなたがそんな事するはずが無い)って、笑い飛ばしたのよ!で、強盗もそれに釣られて笑って、何も無くお家に返ってきたの。』って。
ここで、皆大爆笑。

口を挟まず、話しを横耳で聞きながらも新聞を読みながら微笑んでいた彼に、その中の1人が声をかける。
『だから君は今も(ペーパー新聞)を読むんだね。ipadやiphoneの代わりに、、はははは〜。』って。
更に大爆笑である。

色んな人種が、色んな訛で、1つの話しを笑い飛ばす。
これぞ、NY的なお話。何か素敵っ。

さて、明日も朝早くから色々やりまっせ〜。
頑張ろう、、と言いつつ、夜も12時になろうというのに、バリバリポテチを頬張る今年40歳。
サイコ〜。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-22 23:58 | Comments(0)
本日は、1週間あけてのジャイロ。
体,忘れとりました、色んな事。肩は上がるわ、お腹下がるわ、、、。だめやん。

まっ、自分ペースで。

で、その後一旦お家へ戻って荷物置いて、再びバスとサブウェイ乗りまして、
ブルックリンはフラットブッシュにある
『芸道』へ。

こちら、日本食レストラン。最高のオーナー&スタッフを揃え、気持ちよく出迎えてくれる。
今回は、女子会。4人で参りました。

もう、今日か明日にでもお腹から2人目のお嬢ちゃんが飛び出すであろう、あやかちゃん。
今回初対面のパフォーマー、ひろこちゃん。
そしていつもの頑張る、ともとも。

d0181461_057349.jpg


子供の話しや、もう〜、いろいろ、色々話す。食べて、飲んで(私1人、白ワイン2杯も)、も〜、おしゃべり。ピーチク、パーチク。
最近富みに食欲不足が、アレレっ?食べられるから、これまた不思議。良い感じ。

この空間のアトモスフィアーだとか、接客だとか、この4人の雰囲気だとか、、。言葉では表せません。マッタリ、そしてふんわり良い時間でした。

そして、随分前から約束をしていた『チャンピオンベルト』を、やっとこさお見せする事が出来て、何か、感動でした。喜んでもらえたかしら?
『防衛しろよ』って!!、、、。

いえっ。このベルトは永遠に私のものですから。はははっ。

d0181461_102189.jpg

毎回毎回、惜しみなく『愛』を注いでくれるオーナーおさむさんと。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-18 00:01 | Comments(0)

苦手にトライ。

d0181461_2343271.jpg

何をしているところでしょ〜か?


昔、モザイクかけてどんどん映像がクリアーになって行く過程をクイズにしたテレビ番組やってたな〜。『クイズ商売商売』(漢字じゃなかったな。)かっ?

まっ、そんな事は置いといて、新しい事を始めました。
うん。嫌いじゃない。うん。うん。
とりあえず報告まで。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-17 10:47 | Comments(0)

シェアーの意味。

朗読劇、先週終わり。
観にきてくれた知り合いに直接やら、メールやらでお礼を。
沢山の温かい言葉をいただく、がしかし私達が本当に伝えたい事が伝わっていたのだろうかと、、?

そんな中、『心にガツン』と『やった事に意味があった』と痛感出来るメールを頂き、即今回の企画を立ち上げてくれた『くろたま企画』のデイレクター&プロデユーサーのお2人に報告。

すると、すぐにお2人から今回のチームメンバーにシェアー転送。
こう言うやり取りって、私にとってはもの凄く大切な事。
皆の力、思いがやっと繋がった感。充実感。そして、これからも、、。

*************************************

村のお母ちゃんの知り合いの方から下記のおようなメールをいただきました。
皆さんの気持ちが伝わったと思い転送します。
◯○
(◯○はデイレクターさんの名前)
*************************************

今回のリーデイングを観にきてくれたお客様からこんなメッセージを頂いたので報告します。
◯○さんに初めてお会いした、最初のリーデイングオーデイションの様なものをした初日。◯○さんはこう言ったのです。
『我々は、今の現実を伝えなければならない。他国の人が持つ日本や日本人のステレオタイプ的なイメージを打破しなければいけない。真実を伝える。』

伝わったんではないかと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
> かおりさん、
>
> 公演楽しかったですよ。
> 日本人が美徳とし、もっぱら海外の人々に伝えられている”耐え忍ぶ”姿ではなく、
> 災害に会い、悩みもがく、人間くさい姿を観てもらうことで、より震災の悲惨さが伝
> わったと思います。
> これからも続けて下さいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

くどいようですが、お疲れさまでした。
そして、意味のある企画に参加させていただき、感謝します。
大岩香理
************************************

どんな職種であろうとも、力を合わせて何かを作り上げるという作業は、もの凄いパワーと時間と労力を要するもの。個々に抱えている問題も状況もある中、それはもう想像以上のもの。
でも、達成感は半端無い。自分の関わり方次第、、。

がんばろ〜。本当、がんばろ〜。
d0181461_081264.jpg

すんばらし〜相手役の役者さん、『すずきやす』さんと。
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-15 11:12 | Comments(0)

VENOUS IN FUR

3日連ちゃんのお仕事終わり。
コロンビア大学の中間試験、、、忘れましょう。終わった事です。
で、スプリングブレイク。命の息抜き。このタイミングでありがたい。

で、で、またこの良いタイミングで、ブロードウェイのストレートプレイ観劇のお誘い。
VENUS IN FUR $60なり。

すばらしい2人芝居。役者のたたずまい、テンポ、アップダウン、、。
『勉強になる』どころの話しじゃなく、素直に楽しんだ!

この機会を与えてくれた新たな友達に感謝。
d0181461_23371017.jpg

d0181461_23403713.jpg

(久々のぎんぎらぎんのエンターテイメントブロードウェイでモニターに映る自分を撮影する自分撮り。観光客カオリ編。)
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-15 10:44 | Comments(0)

YES! I AM!

d0181461_23131859.jpg

d0181461_23145753.jpg
d0181461_23163189.jpg

d0181461_23395627.jpg

Photo by Chiaki


『ユーアービッチ』。
このすばらしい写真を撮ってくれた彼女の初対面での1言。松本ちあきさん。
舞台が終わり、打ち上げでお会いした彼女は超ブっ飛んでました。世界をまたにかけ飛び回る彼女。
彼女自身、ブっ飛んでるはずです。すばらしいっ。
『あんたのね〜、割烹着にやられたのよ。なんでそんなもん持ってんのよ、ビッチ!』
『あんたにね〜、ド初っぱなから泣かされたのよ、ビッチ!』
今まで生きてきた中で、最高の褒め言葉、いただきました。
ありがとう、、、ビッチ!!(てのは最高の感謝です。)
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-14 10:41 | Comments(0)

お疲れさま。

d0181461_0432719.jpg
d0181461_044338.jpg


無事、舞台終了。
急遽2ステージとなり、それでも無事終了。
本番の集中力と言うか、まとまるあのエネルギーはいったい?
キューッと絞られる感。
凄かったな〜と改めて。

伝わったのだろうか?『現実を、今の現実を伝える』舞台。
それが、役者としての私の使命。

短い期間での作品創り、、。
みんなそれぞれに集中する『時間』が必要だったという事。
なんでそんな事に気づかなかったのか、、。

意味のあるステージ。何よりも『本』が良かったんだと。
そしてそれは『リアル』なのだと言う事。
そこが始まり。
感謝の気持ちは、1つではない。人にもタイミングにも目に見えない全ての事に!!

ありがとう。

12PM & 2:30PM合わせてのご来場者数:89
Donation: $1,061
経費:$233
寄付送金額:$828

力になれたのだろうか?
[PR]
by coyoteno1 | 2012-03-13 11:50 | Comments(0)