Bafana Bafana

by coyoteno1

まるっと4ヶ月とパンパース。

クキちゃん昨日でまるっと4ヶ月。おめでとう。
元気にスクスク育ってくれてありがとう!!
*声を上げて笑う事が多くなった
*手で物が掴める様になった
*左親指のおしゃぶりがひんぱんに
*気づいたら抜け毛が多く新しい髪に生え変わりつつある(後ろ髪がチチレ毛に)
*午後4時〜5時にかけて『黄昏れ泣き』が始まった
*夜中2回目(午前5時)の授乳の後から眠る事無くおしゃべりが多くなった(泣)
*うつぶせにさせると手を支えに胸から上を持ち上げられる様になった
*うつぶせから仰向けに1度だけ寝返る事が出来た
*完全に目で物を追う事が出来る様になった
*ポール氏の声を完全に把握している
*沐浴でじっとしないで足で水を蹴る様になった
*お尻の出来物がまだ完全に治っていない
*ミルクを飲む量が格段に増えた(母乳&フォーミュラー)
*首はほとんど座りかけている
*??が匂う様になった(くちゃいっ、、けど平気!)

ものすごい早さで成長中。本当に、私の想像外のところでドンドン先に行ってしまうので、とりあえず置いてかれない様私も全力で後をついて行くと言った感じの毎日。

そして、昨日はいよいよの、パンパース広告撮影に参加。
前日に事細かな契約書&持ち物リスト&場所&入り時間などがメールで送られて来て、そしてオーデイションを請け負ったエージェント、このパンパースの大元のエージェント、そして撮影現場のキャストスタッフそれぞれから電話連絡もあった。
ギリギリで、母親の私に絶対条件で、ネイルを施してくる事と、ベージュの下着を用意する事というのがあり、仕事もあったりでネイルは1日前に、そして下着は当日の朝1で買いに走った。頼むぜパンパース!!私は暇じゃないのだっ。そして金もないのだ!!(と、ちゃんと契約書を見たら、レシート持参で後ほど払い戻しとなっていた。)

クキのマネージャーと化したポール氏は、朝から念入りにクキちゃんの支度に精を出し、準備万端。
私はノーメークでのとの事だったので、シャワー浴びて、志信お姉様からいただいたパックをしてこちらも準備万端。
で、クキを母が送ってくれたモコモコのおくるみに包んで、ポール氏は母が昔ポール氏にと買ってくれたTシャツを着込み、私は母が置いて行ってくれたお花一杯のバックを持って『縁』かつぎをして出陣。
(なぜだか、こう言う事は全て母豊子さん頼みっ。)
入り時間は午後1時半。
スタジオは、昔2年通った演劇学校の1本手前にあった。
中に入ると、細長い廊下にケータリングの色んな食べ物が置かれた机が出ていて、その向こう側にエージェントスタッフが待機していた。そこで1度挨拶をし、控え室に通された。手前に、ヘアーメーク、その横に衣装、そして奥が赤ちゃんもはいはい出来る様な特別ルームとなってた。床にはABCマットが敷かれていて、オムツもお尻拭きも用意されていた。とりえず待つ事に。

実際、現場に入って知る事は多い。
今回のこのパンパースの広告は、オムツのサイズ別に1組ずつ親子のモデルが充てがわれるようで、クキのカテゴリーは新生児サイズの物(ニューボーン)。
d0181461_7363923.jpg

今回は私たちも含め4組が候補として残り、今回の撮影で最もふさわしい1組が選ばれるようだ。
とりあえず、他の3組の赤ちゃんはとにかく小さいっ。クキ、、でかっ!!
でも、赤ちゃんて、どの子も本当かわいくて癒されるっ。
クキは愚図る事無く、ポール氏とケタケタ笑って待機していた。
d0181461_7383582.jpg


1時間後くらいにようやく私のヘアー&メークが始まった。
前髪を少しカットされ、クルクルアイロンで髪を軽く巻いてもらい後ろでシニヨンを作ってもらった。
メークは本当にナチュラルな感じで、まゆにグレーを入れるってのが新鮮だった。リップは液体のピンクにこれまた薄いピンクのグロスを重ねた。
まともに見られる『顔』となって、そして何よりも人に施してもらうと言う贅沢さを味わえて(スペシャル)な気分を味わえた事がうれしかった。
で、お次ぎは衣装。
私が絶対に着ないコーデネイト。柔らかいピンクのタンクに、上から少しオレンジかかったピンクのやわらかな素材のTシャツを重ね着。下はこれまた絶対履かない『白』のパンツ。
申請したサイズよりも小さめを渡され『えっ?』と思ったが、ぴったりで、プロのスタイリストさんはさすがだなと思ったと同時に、『S』サイズの自分にガッツポーズ。

で、で、クキちゃん、型を付けるために膨らませた風船が仕込まれ用意されていたパンパースに履き替えて、いざ撮影現場へ。

お家をイメージしたセットのソファーに座り、クキと見つめあう親子の写真を数枚。
ソファーから立ち上がっての親子の図を数枚。ベットに移動して、クキを腹這いにしそれを見つめる親子の図を数枚。今度はクキを仰向けにし、それを見下ろす親子の図を数枚。
途中ライトを変えたり、私の前髪を直したり、汗を拭いてもらったり、15分くらいで終了。短っ!!
あっという間だった。

後でポール氏に聞いたのだが、この撮影中、後ろで、撮った瞬間からコンピュータに画像が飛んで、『今の良いショットだ!』とか『もう少し親と子の顔を近づけさせて』とか声が飛んでいたそうで、その撮られた写真に『パンパース』と言う文字を当てはめながら型ち作っていたらしい。
ニューテクノロジーはすごいね。撮影しながら広告の型ちを同時に作れるなんて。

という事で、無事終了。
クキちゃんは撮影中も声出して笑ってたし、ポール氏曰く『良い写真がいっぱいだった』と言っていたので、まっ、良しとしましょう。

最後は、契約書にサインし、お給料の支払いのあれこれを説明してもらいさようなら。
タイムテーブルの紙が無造作に放置されていたので勝手に拝借。
そこに、オーデイションで撮ってもらった写真が小さく載っていたので自分で取り直してここに貼付ける事に。
d0181461_7321260.jpg

うんっ。クキ、いい顔してる。そう言えば、みんなから『ユニークフェイス』って褒められてた。
ユニークって、日本人的な解釈だと(あれ?)って思うかもだけど、こちらでの『それ』はものすごい褒め言葉なんですよ。
だから、私も(鼻高々)な1日だったな。うん。うん。
お疲れ、クキちゃん。グットジョブ!!!
そして、最後の1組に選ばれたら、、、と、密かに いやっ、大いに願っているのは私以上にマネジャーポール氏なのだ。
[PR]
by coyoteno1 | 2013-11-13 17:40